スポンサーリンク

志村けんは死をもって新型コロナの恐怖を伝えたかった…わけないじゃん

志村けん「だいじょうぶだぁ」思ったこと
志村けんは死をもって新型コロナの恐怖を伝えたかった…わけないじゃん

前略

生きてまだまだ笑わせたいと思ってたに決まってるじゃん!

の館長です。

スポンサーリンク

志村けんが身を持って新型コロナの恐怖を教えてくれたというツイート

志村けんが亡くなった直後から、Twitterにはその死を悲しむツイートがあふれましたが……。

なかにはこんなツイートやこれに類するものも多く見られました。

 

志村けん新型コロナウイルス感染により死去
志村けん新型コロナウイルス感染により死去
志村けん新型コロナウイルス感染により死去
志村けん新型コロナウイルス感染により死去

 

これらのツイートに違和感をいだきながらも、ざっとタイムラインを眺めていたんですけど……。

 

志村けん新型コロナウイルス感染により死去

 

このように、松井一郎大阪市長という、地位も名誉もあろうお方までもが同じようなことをツイートしてるのを見るに及び、少々の憤りさえ覚えてしまい、思わずツイートしてしまったのでした。

 

 

“志村けんの死” が、結果的に怖さを教えてくれたというのならまだ分かりますけど、 “志村けん” が、死をもってそんなもん教えようとするわけがないです。
というか、教えてくれなくていい。

彼は自分が新型コロナウイルスに感染したことさえ分からなかったであろうと言われているのに。

誰かが亡くなった直後くらいは、その死を悲しむだけでいいのに、どうしてその死に「価値」とか「意味」を見出そうとするのでしょうか?

死ぬときまでみんなに何かを与えて死ななきゃいけないの?

まして志村けんです。

もうさんざんもらったじゃないですか、僕らは、彼に。

死をもって僕らに何かをくれようとしなくていいから、ただ生きてくれ! としか言いようがないです。

 

「死を無駄にするな」という物言いにも、どうしてもこれらの “死への価値づけ・意味づけ” を感じてしまい、僕は苦手なんです。

「死」にまで生産性を求めるわけですかね?

「死を無駄にしない」=「死を価値あるものにする」って、本人や遺族以外の人が口にするのはけっこう危険なことだと思うんです。

 

スポンサーリンク

小池百合子東京都知事の発言が物議

まず、謹んでお悔やみを申し上げたいと思います。
志村さんといえば、本当にエンターテイナーとして、みんなに楽しみであったり笑いを届けてくださったと感謝したい。
最後に悲しみとコロナウイルスの危険性について、しっかりメッセージを皆さんに届けてくださったという、最後の功績も大変大きいものがあると思っています。お悔やみ申し上げます

――この小池都知事の発言が物議を醸しましたが、これもやはり「最後の功績」などと、死に「価値」を求めるような文言を加えてしまったから、それに反発する人が多かった結果じゃないのかな、と思ってます。

悲しいときは悲しむだけでいいじゃない。

死に価値を求めないでほしい。

死に生産性を求めないでほしい。

「無駄な死」も「価値ある死」も無いと思う。

好きな人の死は、ただただ、悲しい。

僕はとにかく志村けんが死んじゃったことが悲しくてたまらない。

イヤでイヤでたまらない。

念の為

以上は僕の好みの問題でして、良い悪いということでは決してございません。
その人の死に価値や意味をつけることで、死の事実を受け入れられる作用もあるのでしょう。
ただ、僕はそうはしたくないということと、そういう言動を目にしたくないというだけの、いわば自分勝手なお話でした。

ひで爺
ひで爺

志村けんには特に思い入れが強かったから……

追記 2020.04.06「志村けん」芸能人を呼び捨てにすること

ここでも一貫して敬称をつけずに書いてきました。

その理由といいますか、僕の考えを別の記事として書きましたので一読くだされば幸いです。

「志村けん」芸能人・著名人を呼び捨てにすること
前略僕の中では大御所の「志村けんさん」なんかじゃなくて、永遠に「志村!」なんだよなぁ。の館長です。

プロフィール

読んでくれてありがとう
館長

館長と申します。
ホッピーを飲みながら猫をモフっているときが至福の時だと思いますがそういう状況になったことがありません。世知辛い世の中ですね。

こまかい話は下記に。
自己紹介

別ブログもよろしくね。
がらくたクリップ

館長をフォローする

PAGE TOP

タイトルとURLをコピーしました